リニューアル準備に伴うサイト閉鎖のお知らせ


いつもDear...をご愛顧くださり誠にありがとうございます。
只今、全面的なリニューアル実施の準備のため、サイトを閉鎖し、商品購入等が一切行えない状況となっております。

現在のホームページアドレス[present-dear.com]での運営は終了とし、今後は新たなホームページアドレスでの運営となります。
※リニューアル後のホームページアドレスは当サイトにて告知

また、Dear...では、これまで外部ASPのカートシステムを導入しておりましたが、独自のカートシステムに切り替えを行います。それにより、これまでのメンバーログイン情報は無効となります。

大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解・ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

生涯忘れることのない素晴らしい記念日-高校二年生の時の元彼との思い出-

by 20代 女性(mai)

高校二年生の時でした。私は当時付き合っていた彼氏と一年目の冬を迎えようとしていました。彼は私の一つ上で当時高校三年生でした。大学受験を抱えながらも私のために毎日バイトに明け暮れ、色々な場所へ連れて行ってくれる等、とても優しく私にとって自慢の彼でした。

そんな彼は毎月の記念日も欠かさず祝ってくれていました。二人が付き合って一年がたった日は私に何も言わずにサプライズで遊園地に連れて行ってくれました。その後ホテルを予約していたらしく、ホテルの最上階でディナーまでご馳走をしてくれました。 そして、部屋へ戻ると彼に「目をつぶって手をだして」と言われ、言われた通りにし、目を開けるとなんと私がずっとほしいと言っていたブランドのお財布をプレゼントしてくれました。

その日は終わり、次の日の帰宅時、電車に乗ろうと切符売り場に向かう途中、彼に「そっちじゃないよ」とロッカールームまでいきなり案内されました。彼から鍵を渡され「じゃあ俺帰るから!」と帰っていき、私は鍵に書いていたロッカー番号をさがしました。そのロッカーを開けると薔薇の花束手紙が入っていたのです。

今はその彼とは付き合ってはいませんが、私にとってこの記念日は生涯忘れることのない素晴らしい記念日となり、自慢の元彼です。

Re:コメント

このプレゼントストーリーに対する「素敵!」「応援します」等の感想を自由にコメント!

※過度の中傷/不適切な表現/外部リンク/特定の個人・団体を指し示す内容が含まれているコメントに関しては削除いたします

このプレゼントストーリーのキーワード

関連プレゼントストーリー

プレゼントストーリー共有コンテンツ「PRESENT EXPERIENCE」

HOT KEYWORDS -注目のキーワード-

Return to Top ▲Return to Top ▲