リニューアル準備に伴うサイト閉鎖のお知らせ


いつもDear...をご愛顧くださり誠にありがとうございます。
只今、全面的なリニューアル実施の準備のため、サイトを閉鎖し、商品購入等が一切行えない状況となっております。

現在のホームページアドレス[present-dear.com]での運営は終了とし、今後は新たなホームページアドレスでの運営となります。
※リニューアル後のホームページアドレスは当サイトにて告知

また、Dear...では、これまで外部ASPのカートシステムを導入しておりましたが、独自のカートシステムに切り替えを行います。それにより、これまでのメンバーログイン情報は無効となります。

大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解・ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

高校生のクラスメイトに思い切ったサプライズ

by Y.K(30代/女性)

それは高校生になって1年目の、まだお金もあまり持っていない頃。その頃いちばん仲良くしてくれていた友達に、日頃の感謝も込めてちょっと特別なプレゼントを贈りたい! と市内中のお店を延々と探し回っていました。予算はこつこつと貯めた5000円。アルバイトも始めておらず、お小遣いが定期的にもらえるわけでもない私にとっては大金です。ラッピングはどうしよう?どれぐらいのものをあげよう?さっきのマグカップは可愛かったな、こっちの文具はどうだろう?いくつか組み合わせてもいいかもしれない、 その時はラッピングはうんと凝ったものにして……半日中、休みもせずに歩き回ったせいで足は棒のようでしたが、楽しい時間です。

熱心に見て回り、シビアに吟味しては友人がどう思うかを考えて……を繰り返すうちに、閉店時間が近づいてきました。日を改めてまた探しに来ることも視野に入れつつ、その日再び訪れた雑貨店。そこでふと目についたのが大きな大きなぬいぐるみでした。くまやうさぎなどのメジャーなものではなくパンダです。全体的に面長な感じのゆるいデザインが、女子高生の好みそうな雰囲気です。私は女子にしてはちょっと身長がある方なのですが、その私が抱いても「これは大きい!」となるほどのもの。長い手足がへろへろと揺れています。

ただし値段は予算ギリギリ、これを購入したらラッピングにかけるお金なんて残っていません。「可愛いけどこんな大きいぬいぐるみ、普通は買わないよなぁ……」などと考えながら眺めているうち、「普通買わないなら、人から贈られたらどうだろう?」と思い至ったのです。

特別な日だからこそ、なにかしら特別な思いをさせたい……というのがプレゼントを選ぶ上での大原則。 少女漫画のワンシーンで、あるいはおもちゃ屋で、大きな大きなテディベアに憧れた経験が友達にもきっとあるはず! そう思った私は、実用性もラッピングも、何もかもをかなぐり捨てて、ただサプライズのためだけにそのぬいぐるみを購入しました。

そして、誕生日当日の朝。 既に登校していた友達の席へ歩み寄り、裸のままのぬいぐるみを差し出すと…… やっぱりびっくりされました(笑)。 その驚き方も普通のものではありません。冷静で物静かな友達が、目を丸くして大きな声を出したのは初めてだった気がします。「大きい」「かわいい」「すごい」と、 友達のみならずクラスメイト達までもが繰り返し、場は大盛り上がり。 思いがけず、友達の誕生日を賑やかなものにすることに成功しました。

クラスメイト達から口々に「おめでとう」 と言われている友達を見て、自分のことのように嬉しかったのを覚えています。 私にとって一番特別な誕生日プレゼントの思い出です。

Re:コメント

このプレゼントストーリーに対する「素敵!」「応援します」等の感想を自由にコメント!

※過度の中傷/不適切な表現/外部リンク/特定の個人・団体を指し示す内容が含まれているコメントに関しては削除いたします

このプレゼントストーリーのキーワード

関連プレゼントストーリー

プレゼントストーリー共有コンテンツ「PRESENT EXPERIENCE」

HOT KEYWORDS -注目のキーワード-

Return to Top ▲Return to Top ▲