リニューアル準備に伴うサイト閉鎖のお知らせ


いつもDear...をご愛顧くださり誠にありがとうございます。
只今、全面的なリニューアル実施の準備のため、サイトを閉鎖し、商品購入等が一切行えない状況となっております。

現在のホームページアドレス[present-dear.com]での運営は終了とし、今後は新たなホームページアドレスでの運営となります。
※リニューアル後のホームページアドレスは当サイトにて告知

また、Dear...では、これまで外部ASPのカートシステムを導入しておりましたが、独自のカートシステムに切り替えを行います。それにより、これまでのメンバーログイン情報は無効となります。

大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解・ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

寂しい20歳の誕生日が一変!母からの一言メッセージに涙

by にゃご助(20代/女性)

私のこの二十数年間で一番心に残っている誕生日プレゼントは、20歳の誕生日の母からのプレゼントです。

私は1浪して大学に進学したので、記念すべき20歳の誕生日は大学1年生の時でした。しかし、大学は実家から遠く、ひとり暮らしの上に私の誕生日は4月なので、まだ友達もできる前だったため、その記念すべき大人への第一歩はひとり寂しく迎えることになりました。

きっと、多くの人が自分の20歳の誕生日に何をしたか、何をしてもらったのか、鮮明に覚えているのではないかと思います。しかし私の場合、上記の理由で20歳の誕生日の記憶は寂しさ以外あまり残っていません。そんな感じで終わった誕生日でしたが、翌日、実家の母から荷物が届きました!

それは誕生日プレゼントだったのですが、何が入っていたのか全く思い出せません・・・。ものではなくて、現金だったような気もします。プレゼントももちろん嬉しかったのですが、それ以上に嬉しかったのが、一緒に入っていた母手作りのメッセージカードでした。

母は以前、保育園の先生をしていたためか、まるで園児に渡すお手紙のような可愛らしいデザインで、そこに一言だけ「生きてるだけでまるもうけ」と書いてありました。そのカードを見た瞬間、その言葉を目にした瞬間、ホントに嬉しくて嬉しくて涙が出ました。

遠く離れても、私が独り立ちをしても母は母であり、いつでも私のことを想ってくれているのだなと感じて、新しい生活は不安なことがいっぱいあるけれど、強く生きていける気がしました。

Re:コメント

このプレゼントストーリーに対する「素敵!」「応援します」等の感想を自由にコメント!

※過度の中傷/不適切な表現/外部リンク/特定の個人・団体を指し示す内容が含まれているコメントに関しては削除いたします

このプレゼントストーリーのキーワード

関連プレゼントストーリー

プレゼントストーリー共有コンテンツ「PRESENT EXPERIENCE」

HOT KEYWORDS -注目のキーワード-

Return to Top ▲Return to Top ▲