リニューアル準備に伴うサイト閉鎖のお知らせ


いつもDear...をご愛顧くださり誠にありがとうございます。
只今、全面的なリニューアル実施の準備のため、サイトを閉鎖し、商品購入等が一切行えない状況となっております。

現在のホームページアドレス[present-dear.com]での運営は終了とし、今後は新たなホームページアドレスでの運営となります。
※リニューアル後のホームページアドレスは当サイトにて告知

また、Dear...では、これまで外部ASPのカートシステムを導入しておりましたが、独自のカートシステムに切り替えを行います。それにより、これまでのメンバーログイン情報は無効となります。

大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解・ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

趣味を通じて知り合った大切な人に心を込めた絵封筒のプレゼント

by ジョージ(50代/男性)

私は、趣味で絵を描きます。前は気が向いたときにしか描きませんでしたが、ある趣味のブログ(絵手紙・絵封筒)に入会してからは頻繁に描くようになりました。絵手紙はよく知られているようにはがきに絵を描きますが、私が好んで描くのは封筒のほうです(絵封筒といいます)

そのブログ仲間でOさんという方がいらっしゃるのですが、新しく描いた絵手紙を更新するたびにとても温かいメッセージをくださるのです。それは私だけでなく誰に対しても同じで、優しく美しい言葉で讃嘆してくださるのです。

この年になると人様から褒められることなどありません。初めてコメントいただいたときはあまりにおおげさ(と感じるくらい)でこっちのほうがなんだか恥ずかしくなるような気持ちになったものです。いつしかOさんのコメントをいただくために頑張って更新している自分がいるのでした。

たまたま他の人との会話の中からOさんの誕生日を知ったので、今年はOさんに絵封筒を贈ろうと思い立ちました。アクシデントが無い限り、前日の10時までにポストに入れれば同じ県内なら翌日、他県でも翌々日には届きます。当時1週間ほどOさんの気配を感じなかった(パソコンにアクセスがなかった)ので心配しながら猫の絵封筒を投函しました。Oさんは猫が大好きなのです。(実は私は野生動物が大好きで、本当は猫や犬は描きたいと思ったことがありません。Oさんに出会わなければ一生描かなかったと思います)

翌日、留守録にOさんからのメッセージが残されていました。 2週間ほどダウンしていたとのこと。やっと今日からおかゆが食べられるようになり声もでるようになったそうです。私の送った絵封筒を本当に喜んでくださりました。Oさんのおかげで自分の絵の幅も広がったと思います。「ありがとう」と言われるとそれ以上の「ありがとう」を相手に返したくなる・・・そんな気がするのです。Oさん、本当にありがとうございます。

Re:コメント

このプレゼントストーリーに対する「素敵!」「応援します」等の感想を自由にコメント!

※過度の中傷/不適切な表現/外部リンク/特定の個人・団体を指し示す内容が含まれているコメントに関しては削除いたします

このプレゼントストーリーのキーワード

関連プレゼントストーリー

プレゼントストーリー共有コンテンツ「PRESENT EXPERIENCE」

HOT KEYWORDS -注目のキーワード-

Return to Top ▲Return to Top ▲