リニューアル準備に伴うサイト閉鎖のお知らせ


いつもDear...をご愛顧くださり誠にありがとうございます。
只今、全面的なリニューアル実施の準備のため、サイトを閉鎖し、商品購入等が一切行えない状況となっております。

現在のホームページアドレス[present-dear.com]での運営は終了とし、今後は新たなホームページアドレスでの運営となります。
※リニューアル後のホームページアドレスは当サイトにて告知

また、Dear...では、これまで外部ASPのカートシステムを導入しておりましたが、独自のカートシステムに切り替えを行います。それにより、これまでのメンバーログイン情報は無効となります。

大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解・ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

バレンタインに彼氏から貰ったブランドバッグ-USA`S VALENTINE-

by とも蔵(50代/女性)

私はニューヨーク生活が長かったので、アメリカ式のバレンタインデーを過ごしていました。アメリカでは女性が男性にチョコレートをプレゼントする習慣がなく、恋人が恋人にプレゼントする日だったり、友達同士でカードの交換をしたりする日なのです。日本のように、義理でチョコレートをあげたりする習慣が全くない土地でのことです。その代わり、チョコレートのお返しのホワイトデーがアメリカにはありません。あくまでもバレンタインデーのみです。

その年のバレンタインデーに、彼氏が私をあるブティックに連れて行ってくれました。そして、そこで私がずっと欲しかったあるブランドのバッグを買ってくれたのです。まだ学生だった私にとっては、初めての高価なブランドバッグでした。さっそくオシャレをして、そのバッグをさげて、食事に行くことにしました。そして、その時の記念の写真を撮ったりしました。

私にとって、初めてのブランドバッグはちょっと大人らしい気分が味わえたのと、その手触りの良さにめろめろになってしまいました。私は今でもそのバッグを大切に持っています。本当に似合う年齢に達したという思いでいっぱいです。恋人と呼べる人がいて、毎日が楽しかった頃のバレンタインデーの良い思い出です。

Re:コメント

このプレゼントストーリーに対する「素敵!」「応援します」等の感想を自由にコメント!

※過度の中傷/不適切な表現/外部リンク/特定の個人・団体を指し示す内容が含まれているコメントに関しては削除いたします

このプレゼントストーリーのキーワード

関連プレゼントストーリー

プレゼントストーリー共有コンテンツ「PRESENT EXPERIENCE」

HOT KEYWORDS -注目のキーワード-

Return to Top ▲Return to Top ▲