リニューアル準備に伴うサイト閉鎖のお知らせ


いつもDear...をご愛顧くださり誠にありがとうございます。
只今、全面的なリニューアル実施の準備のため、サイトを閉鎖し、商品購入等が一切行えない状況となっております。

現在のホームページアドレス[present-dear.com]での運営は終了とし、今後は新たなホームページアドレスでの運営となります。
※リニューアル後のホームページアドレスは当サイトにて告知

また、Dear...では、これまで外部ASPのカートシステムを導入しておりましたが、独自のカートシステムに切り替えを行います。それにより、これまでのメンバーログイン情報は無効となります。

大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解・ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

高校3年生の時に経験した人生最高のホワイトデー

by ひこにゃん(40代/女性)

高校3年生の時、初めて付き合った彼氏にバレンタインデーのチョコを渡しました。義理チョコをあげた経験もないし、もちろん本命チョコをあげるのも初めてだったので、すごくドキドキしたのを覚えています。

ちょうど受験の時期で、彼は大学を落ちてしまい浪人が決まりました。私は推薦で大学が決まっていたので、その辺りから彼からの連絡があまりなくなっていて、ホワイトデーもまたないうちに終わってしまうのかと不安で、どうしようもなかった時にホワイトデーに会おうと彼から連絡がありました。

連絡があったのはうれしいけれど、今度こそお別れを言われるのかと思い、ホワイトデーまで不安で過ごしました。

その日は、夜に感じのいいイタリアンレストランでディナーをして、帰りに公園で二人で話しました。私はいつ別れを切り出されるかと思うと、悲しくてろくに話も入ってこなかったのですが、「連絡しなくてごめんね、気持ちがなかなか決着つけることができなかった。環境は違ってしまうけれどこれからもよろしくね!」と指輪を渡してくれました。

今までの緊張と不安がなくなり、崩れ落ちるように彼の胸で号泣してしまいました。心配かけてごめんねと彼も何度も泣きながら謝ってくれて、二人でしばらくの間公園で泣いていました。指輪はブランド物でも何でもない安いものでしたが、本当にうれしかったです。それからいくつかの恋を経験し今になりますが、あの時ほど嬉しかったホワイトデーはありませんでした。

Re:コメント

このプレゼントストーリーに対する「素敵!」「応援します」等の感想を自由にコメント!

※過度の中傷/不適切な表現/外部リンク/特定の個人・団体を指し示す内容が含まれているコメントに関しては削除いたします

このプレゼントストーリーのキーワード

関連プレゼントストーリー

プレゼントストーリー共有コンテンツ「PRESENT EXPERIENCE」

HOT KEYWORDS -注目のキーワード-

Return to Top ▲Return to Top ▲